クレジットカード

ネットでamazonギフト券を換金して簡単にお小遣いをゲットしちゃいましょう。思わぬ金額で売れるかもしれませんよ。

ブランド品や新幹線の回数券、商品券などを現金化する事もありますがカード現金化によってクレジットカードの現金化を行なう業者もあるそうです。

クレジットカードには、キャッシング機能とショッピング機能という二つの機能が備わっている。

キャッシング機能とは、クレジットカードを利用してATMから現金を引きおろすことができる機能である。
あらかじめ設定したキャッシング枠の上限までであれば、何度でも利用できる。
口座に保有する手持ち資産ではなく、カード会社からの借入であるため、返済の義務がある。
利点としては、手持ちの現金に余裕がない状況でも借入を行うことができるという点。金融業者への借入とは異なり、審査が必要ではないという点である。

ショッピング機能は、クレジットカードを利用して代金を後払いにすることができる機能である。
ショッピング機能にはショッピング枠が設定されている。ショッピング枠に設定されている金額内であれば、後払いが可能である。
料金の支払いは一時的にカード会社が代行する。その後、返済の義務がある。
返済方法には一括、分割、リボ払いなどがある。

キャッシング機能を利用することで、ATMから現金を引きおろすことができる。

クレジットカードを作成する段階で審査を経ているため、キャッシング利用に際しては審査不要である。
そのため、即日融資を受けることができる、海外でも使えるなど利便性が高い。

しかし、キャッシング機能の利用は融資を受けることと同義である。すなわち、カード会社に借金を申し込むことになる。
ショッピング機能の利用と異なり、キャッシング機能の多用は信用を損ねる恐れがある。
クレジットカードはカード会社からの信用によって成り立っている。そのため、キャッシング機能を多用する顧客に対して、カード会社は注意を払うようになる。
クレジットカードの利用期限の際、更新を断られる可能性があるなど、デメリットもある。

ショッピング機能を利用することで、商品やサービスの料金を後払いにすることができる。

一時的に、カード会社が支払うことになる。その場での料金支払いが不要となるため、現金を持ち歩かなくても済む。
キャッシング同様、クレジットカード作成時に審査を受けているため、利用に際しては審査不要である。
ショッピング枠の上限は、カード作成時に設定する。充分に利用し、また料金を遅滞なく返済している場合、枠を拡大できる。

キャッシングと異なり、多用してもカード会社からの信用を損ねることはない。
利用用途として、手持ち資産の不足ではなく、後払いの利点があるため。また、現金を持ち歩くことなく買物ができるというメリットもある。

しかし、キャッシング同様、返済の義務がある。返済に遅滞があれば、カード会社の信用を損ねる恐れがある。

クレジットカードの現金化は利用する業者をしっかりと比較しながら選ぶことが肝心です。トラブルを防ぐためにもきちんと比較検討しましょう。